【Trados】MultiTermでエラー発生

2019/07/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

約1年ぶりにTradosを開きました。

私が持っているのはSDL Trados Studio 2017 SR1。
ちゃんと動いてくれるかな・・・と作業を始めたところ、いきなりのエラー発生!
やっぱり一筋縄ではいかない子、Trados!!

どういうエラーかというと、プロジェクトに用語ベースを設定しようとすると、”8007007e 指定されたモジュールが見つかりません”というメッセージが出て設定できないのです。MultiTerm自体も開くことができません。

助けを求めてエラーコードをgoogle検索してみると、同じレバレッジ受講生のAyumiさんのブログに、同じエラーが発生し復旧した記事があるではないですか。

救いの神!!

早速同じ手順で作業し、無事復旧することが出来ました。
この記事を残して頂いており、大感謝です!

ただ、Ayumiさんが参照されたというTradosのアンインストール+再インストール方法のリンク先が移動しており、参照出来ませんでした。別ルートから、おそらくこれだったのでは?と思われる記事を見つけてそちらを参考に作業しましたのでリンクを張っておきます。

SDL TradosBlog/「SDL MultiTerm Desktopのリセット」

もし、同じエラーでここにたどり着いた方がいらっしゃれば、この2つの神記事を参考に復旧してみてください。

また、SDLブログ内で割愛されている(おそらく別記事に記載)再インストールのやり方を書いておきます。

SDL MultiTerm Desktopの再インストール方法

1.SDLのサイトにログインする
2.アカウント名の横の矢印をクリックして、プルダウンリストを表示させ、「ダウンロード」をクリック


3.SDL MultiTerm 2017 SR1 CU7 Desktop Installerをダウンロード

※朱書きで書いてありますが、SDL Trados Studio 2017 SR1をお使いの方がSDL MultiTerm 2017 SR1 CU7 Desktopをインストールする際は、Trados Studioの方も SR1 CU15にアップデートする必要があるとのことです。私のはSR1のままだったので、両方ダウンロードしてアップデートしました。

そんな訳で、無事作業できるようになったTrados。

明日から早速対訳の方を進めていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2019 All Rights Reserved.