Excelデータを1つにまとめるフリーソフト

 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

Tradosなどの翻訳支援ソフトを有効に活用するためには、用語ベースの内容を充実させることが大事です。

私も日々、用語ベースに英日ペアのワードを登録しているのですが、これが数千ワード単位の作業であることも多く、いかに効率化させるかが悩みの種でした。

私の作業手順は次の通りです。

  1. Excelで英日ペアのデータを作成
  2. GlossaryConverterでxmlファイルに変換
  3. SDL MultiTermでxmlファイルをインポート
    ※以前は2までのステップで済んでいたのですが、Trados2017SRIにアップデートしたら、できなくなってしまいました。パッチをあてて解決した方もいらっしゃるようですが、私のTradosには通用しなかったので、この手順でやってます。

手順1では、データを1つのシートにまとめておかなくてはいけませんが、データ収集段階の効率を考えて、別シートにしている場合もあります。

すると、「平均300データずつ入っている10個以上のシートを1つにまとめる」という作業が発生します。これ、単純なコピペの繰り返しでもできますが、とにかくめんどくさい。

マクロを使う方法なども公開されてますが、これらのデータを一発でまとめてくれる便利なフリーソフトを見つけましたので、シェアしたいと思います。

Excelbooks into 1 Sheet

ダウンロードはこちら(vector)からどうぞ。

使い方

1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
2. xlsin1.exeをクリックします。
3. すると、図のようなウィンドウが出てくるので、ここにまとめたいExcelブックをドラッグします。  1つのブックでも、2つ以上のブックでも可です。

4. 出力形式を選択して、「開始」ボタンクリック
5. 元のExcelデータと同じフォルダに「xlsin1.**」として出力されます

指定行を無視してくれるという便利機能までついてますよ。

昔からあるソフトらしいので、ご存知の方も多いかもしれませんが、同じ悩みを抱える方の参考になれば幸いです。

それではまた。

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2019 All Rights Reserved.