パート主婦が本気で勉強してみた。

Before/After ~ノートの取り方~

2018/11/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、38歳。 家族構成:夫、子ども(8歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座、第7期生。 「技術理解なくして翻訳できるか!」の精神のもと、化学・物理を基礎から勉強中。学生時代に苦手だった化学を「面白い!」と思えるようになったのは、電子に注目するようになってから。そんな視点でまとめた化学の記事と、学習記録のブログです。

Before/Afterシリーズ、
前回の記事からずいぶん間が空いてしまいましたが、
2点目はノートの取り方です。

Before              

以前はMicrosoftのOneNoteをノート取りに使っていました。

とにかく時間がない。
焦っていたかぼちゃはこう考えてしまいました。

「画像を印刷して、ノートに切り貼りなんて面倒。
よし、OneNoteにクリップしよう。
一瞬で済むから時間の節約になるぞ。」

こんなことを考えていた自分をスリッパで殴りたい・・・。

それでは「明細書を読む」シリーズをやっていたときのOneNoteのページをさらします。

こんな感じで、思いついたこと、調べたことを全てメモしていました。
(今思うと、「知子の情報」にビジュアルを付加したような使い方だと思います。)

このやり方の問題点、
賢明なる読者の皆様は、すでにお気づきのことと思います。

そう、体系的にまとめられていません。

このIBMのセクションだけで100ページくらいメモを作りましたが、

作っただけ!

そして、その後体系的にまとめることもしませんでした。
それを「ノートを取った」と勘違いしていたのです。
とほほ。

これ、手を動かしていないので、ほとんど脳に定着していません。

After              
そして現在のノートがこちらです。

 

紙ノートにせっせとボールペンと蛍光ペンで書き込んでます。
(内容が未熟なのはお許しを・・・)
アナログです。
時間がかかります。

でも、

これが効くんです!!

「手を動かすことを侮るなかれ」
管理人さんが繰り返しビデオでおっしゃっていましたが、
その威力を身にしみて実感中です・・・。

手で書くと、情報が脳にしっかり刻み込まれます。
だから、新しいことを勉強していると、
「あれ?これは以前出てきた弱酸遊離反応で説明できるのでは?」
というようにピンとひらめくことが増えてきました。

恥ずかしながら、以前はほとんどひらめきませんでした。
気がつくと同じようなことをまとめたページを作ってしまうことすらあり、
いかに脳に定着していなかったかが分かります。

それに、OneNoteは手で触れませんが、
ノートは触れます、質量を感じることが出来ます。

まだたった5冊のノートを手にした感想は、

「薄っ」!

まだまだまだまだ勉強が足りないという実感と、
それでもなんとか5冊分勉強してきたという確信。

これを10冊、20冊と作り、
その知識を持って明細書に切り込むとき、
以前読んだIBMやP&Gの特許はどう見えるのか、楽しみです。

注)OneNote、これはこれで素晴らしく便利なツールなので、
現在は使い方を改め、メモとして有効活用しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、38歳。 家族構成:夫、子ども(8歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座、第7期生。 「技術理解なくして翻訳できるか!」の精神のもと、化学・物理を基礎から勉強中。学生時代に苦手だった化学を「面白い!」と思えるようになったのは、電子に注目するようになってから。そんな視点でまとめた化学の記事と、学習記録のブログです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2018 All Rights Reserved.