第57週 実ジョブ納品

 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

週末に小学校の運動会がありました。
お遊戯や徒競走に参加する娘の姿を見て、「大きくなったな~」と感傷にふけってしまいました。ちょっと前まで小さな1年生だったのに、もう3年生です。

子どもってあっという間に大きくなりますよね。忙しい毎日ですが、成長を見逃さないようにしたいものです。…なんて言ったところで、私のポンコツ脳はどんどん忘れてしまうでしょうから、写真や動画をこまめに残すことを気をつけたいと思います。

さて、やり直し勉強後初の実ジョブを頂きました。といっても特許翻訳ではなく、ちょっと変わった内容のご依頼でした。

こちらの企業、トライアルを受ける予定になっていたのですが、トライアルの代わりに今回の実ジョブで判断します、ということでいきなり本番!

詳しくは記載できませんが、メディカルの勉強を始めていたこと&病院勤務経験が役に立ち、無事納品完了しました。

今回の納品物が合格ラインだったかどうかは、まだ分かりません。次のオファーが来るかどうかで判断したいと思います。

この実ジョブのあと、チェッカーのトライアルも1件提出。

目視での校正ののち、各種機械校正ツールでチェック。EKWords、蛍光と対策、JustRightを使用しました。いったん寝かせたのち、最後に蛍光ペン片手に原文と訳文を照らし合わせて訳抜けチェック。今の全力を出し切ったものを提出しました。結果は2~3週間後。待っている間に次のトライアルの仕込みをします。昨年受けて不合格だった企業への再挑戦。前回の見直しをして、準備万端で臨みたいと思います。

勉強時間及び実ジョブ時間:39時間

内容:実ジョブ1件納品、トライアル1件提出、メディカルノート作り(薬物動態学、薬力学の勉強を始めました)。

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2019 All Rights Reserved.