第43週 岡野の化学シリーズ、終了

 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

ついに岡野の化学シリーズが終わりました。化学って面白いなと思わせてくれたと同時に、正しい勉強方法をたたき込まれました。これでやっと基礎工事の鉄筋が入ったくらい。対訳をとりつつ、セメントを流し込む作業も続けていきます。具体的には、マクマリーやアトキンスを使った勉強や関連特許のマインドマップ補充、あとアメリカの教科書は是非取り寄せたいと思っています。

さて次はいよいよ対訳。まずはIBMのレジスト特許から手を付けることにしました。

対訳シリーズは、実は一度ひととおりやってるんです。しかし、関連する日本語特許を読込む作業もしていなければ、化学・物理の基礎もない状態でやっていました。それは置換屋さんの勉強。そしてろくにメモリも用語集もないまま実ジョブに挑んだ結果が、去年の悪夢でした。

同じ悪夢はもうゴメン!今回はまずレジストの類似特許を日本語で読み込み、そこに書いてある知識、用語、内容、技術を吸収する作業をしてから対訳をとっていきます。そして1年前の自分の訳と処理時間を比べて、どこがどう変わったかを分析したいと思います。

それではまた!

今週の勉強時間 38.75h

勉強内容 岡野の化学208~213(完)

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2019 All Rights Reserved.