娘と3Dプリンタ

2019/08/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

レバレッジ特許翻訳講座がきっかけで出会ったAyumiさん。

現在は3Dプリンタに関する素晴らしいサイトを運営されており、
子供向けのおもちゃから再生医療まで、
3Dプリンタ関連の記事を幅広く精力的に執筆されています。

私にとって3Dプリンタは産業向けのイメージがあったせいで
縁遠いものと感じていたのですが、
Ayumiさんが子供向けのおもちゃを造形された記事をきっかけに、
一気に身近に感じていました。
娘と「うちにあったらいいね」「こんなもの作りたいね」と話していたのですが、
なかなか購入には至りませんでした。

そんなある日、Ayumiさんから嬉しいお誘いがありました。

「3Dプリンタの無料出力サービス企画をやります」

参加条件は、子供が自分自身でデータを作成すること。

3年生の娘には4月からパソコンを与えており、
娘のレベルなら大丈夫だろうと思ったので、
すぐに応募させて頂きました。

そして昨日、ついに作品が届きましたのでご紹介します。

娘のイニシャルが刻印できるクッキー型です。

作品が入った箱を開けた瞬間、
「パソコン画面にあったものが、現実に飛び出してきた!」と思いました。
後で聞いたら、娘も同じことを考えたそうです。

大喜びで、早速クッキーを焼いてみました。
(市販のクッキーミックスを使うと、手間なく失敗知らずでオススメです)

ちゃんと刻印できるかが不安だったのですが、
問題なく、想像通りのクッキーが出来ました。

Tinkercadは小学生でも使える!

3Dプリンタ用のデータ作成には、Tinkercadを使いました。

これ、すごく簡単です。

どのくらい簡単かというと、
モデリング画面を用意して、
「じゃ、あとはがんばって」と放置した5分後に
「出来たよ」と言ってくるくらい簡単です。

 

・・・すいません、言い過ぎました(笑)。
最初にYoutubeのチュートリアル動画を1~2本一緒に見て、
主なアイコンと使い方の説明だけはしました。
といっても全部で15分くらいです。
それで5分後にはハート型のマグネットみたいなものを作っていました。

クッキー型に関しては、
モデリング以前の設計図についてちょっと口出ししたのと、
Tinkercad上での各パーツの位置合わせとグループ化の方法を説明したくらいです。

「刻印部と型本体をつなぐ台座(長方形部分)がないと、
パーツがバラバラになるし中央に刻印できない」
というのは説明しなくても分かっていたことには驚きました。

3Dプリンタで子供の創造性を伸ばす

子供が頭で考えたものを実際に作る場面では、
手先の器用さが難点になってしまうと思うのですが、
3Dプリンタならそこは心配無用。
モデリングしたとおりの物を手に取ることが出来るので、どんどん作ってみたくなるはず。

家に3Dプリンタがある生活は、子供の創造性を伸ばす教育に間違いなく良いと思います。

今回の企画は、親子でとても楽しませて頂きました。

早速我が家も3Dプリンタを購入・・・といきたいところですが、
飽きっぽい娘には「とある課題」を課しており、
それがクリアできたら3Dプリンタ購入ということになっています。

頑張れ、娘!
母が実ジョブを得るのとどっちが早いか勝負だ!

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2019 All Rights Reserved.