かぼちゃのしくじり ~序章~

2018/09/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

かぼちゃ、以前は会社員をしておりました。
しかし育児との両立や時短勤務ならではの問題などに悩んで退職し、
その後は内職やパートをしておりました。

前から特許翻訳には興味がありましたが、
どうやったら特許翻訳者になれるのか分からず、
パートの傍ら、某翻訳資格の取得を目指して独学で勉強していました。

その中で出会ったのがレバレッジ特許翻訳講座です。
メルマガや、無料ビデオで内容を知るにつれ、
「ここは巷のスクールとは違う。受講すればきっと特許翻訳者になれる。」
と思い、受講を決めました。

しかしここで妊娠発覚!

1年間の受講期間中に出産を挟むことに不安を感じましたが、
とりあえず出来るところまでやってみようと、
1年後のトライアル合格を目指した学習計画を作りました。

ところがこの計画がマズかった…。

そして1年と3ヶ月後。

トライアル受験数9社。
うち合格4社、不合格4社、棄権1社。
そのうち1社から実ジョブを続けて4件頂きました。

「何とか受講中に結果を出せた」と喜んだのも束の間、
それがとんでもない間違いであることを、
実ジョブを受け始めてからたった1ヶ月で思い知ることになったのです。

~続く~

この記事を書いている人 - WRITER -
かぼちゃ
かぼちゃ。特許翻訳者を目指すパート主婦。 東海地方在住、39歳。 家族構成:夫、子ども(9歳)、子ども(1歳)。 レバレッジ特許翻訳講座第7期生。自己流の勉強方法を経て特許翻訳に参入するも痛い目を見て撤退。その後化学・物理を基礎からやり直し、今度こそプロとして通用するレベルで参入すべく準備中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© イチから始める特許翻訳 , 2018 All Rights Reserved.